前へ
次へ

肩こりになってしまう原因とは

肩こりは日常生活に支障がでることもあり、非常に体に負担を与えますが、肩こりになってしまう原因は様々あります。
寝不足や職場等での人間関係によるストレスが原因で自律神経が乱れて、肩に違和感が発生する事がありますが、症状が進行する事で、痛み等が発生するリスクがあります。
ストレスの他にも夏場にクーラーで体を冷やしてから、暑い環境に戻るようなライフスタイルを続けても自律神経に乱れが発生するので、肩に違和感が発生する事があります。
体を休める為に寝ている時も肩に負担を与える姿勢をしている事で、肩こりになってしまう可能性はありますし、歩いていたり、座っている時に猫背の姿勢の人は肩に負担を与えてしまうので、通常の姿勢の人よりもリスクが高まります。
更に運動不足による肩の周囲の筋肉が衰えている事で、肩こりになりやすいので、適度な筋力トレーニングをしたり、肩に効く柔軟運動等を日常生活に上手に取り入れていく事で、リスクを減らす事ができます。

Page Top